Google

WWW を検索 Zipu.jp を検索



辞典

用途別分類(カテゴリー)別
IT.. アクセスアップ.. アフィリエイト.. ゴルフ.. ことわざ.. 雑学.. プログラム
英単語.. 四文字熟語.. 分類説明一覧
頭文字(イニシャル)別
A  B  C  D  E  F  G  H  I  J  K  L  M  N  O  P  Q  R  S  T  U  V  W  X  Y  Z
あ行  か行  さ行  た行  な行  は行  ま行  や行  ら行  わ・ん  その他  すべて
この分類での新着
Ethernet  [2012/10/13]
アクセスポイント  [2012/10/13]
WDS  [2012/10/13]
ドメイン  [2012/10/13]
WINS  [2012/10/13]
ゲートウェイ  [2012/10/13]
PING  [2012/10/13]
MACアドレス  [2012/10/13]
UPnP  [2012/10/13]
静的ルーティング  [2012/10/13]
静的NAT  [2012/10/13]
DHCP  [2012/10/13]
DNS  [2012/10/13]
IT  [2012/10/13]
IEEE802.11n   [2012/10/10]
IEEE802.11g   [2012/10/10]
IEEE802.11b   [2012/10/10]
5GHz   [2012/10/10]
3G   [2012/10/10]
3.5G  [2012/10/10]
2G  [2012/10/10]
2.4GHz   [2012/10/10]
この分類での人気
IT  [609hit]
DHCP  [572hit]
MACアドレス  [564hit]
WDS  [475hit]
UPnP  [451hit]
DNS  [448hit]
ゲートウェイ  [446hit]
PING  [444hit]
WINS  [443hit]
IEEE802.11g   [442hit]
3.5G  [441hit]
Ethernet  [439hit]
IEEE802.11n   [438hit]
静的NAT  [437hit]
2.4GHz   [436hit]
ドメイン  [435hit]
IEEE802.11b   [434hit]
3G   [432hit]
5GHz   [429hit]
2G  [429hit]

IT

2.4GHz

読み:2.4GHz  解説:電子レンジやマウスなど多くの機器で使われている。 電波が干渉しやすい。

2G

読み:2G   解説:1993年以降、アナログ通信に代わって登場したデジタル方式の移動通信システム。

3.5G

読み:3.5G  解説:3Gのデータ通信速度を高速化させた通信規格。

3G

読み:3G   解説:国際電気通信連合で定めたIMT-2000標準に準拠したデジタル通信規格。

5GHz

読み:5GHz   解説:対応機器が少ないため電波干渉が起きにくく速度が出やすい。

DHCP

読み:DHCP  解説:Dynamic Host Configuration Protocol(ダイナミック ホスト コンフィギュレーション プロトコル)インターネットなどのネットワークに一時的に接続するコンピュータに、IPアドレスなど必要な情報を自動的に割り当てるプロトコル...

DNS

読み:DNS  解説:Domain Name System (ドメインネームシステム)インターネット上のホスト名とIPアドレスを対応させるシステム。

IEEE802.11b

読み:IEEE802.11b   解説:最大11Mbps 初期に幅広く低速通信規格。

IEEE802.11g

読み:IEEE802.11g   解説:最大54Mbps 11bを高速化した通信規格。 2.4GHzの周波数帯域を用いるため他の機器から干渉を受けやすい。

IEEE802.11n

読み:IEEE802.11n   解説:最大450Mbps ハイビジョン映像の伝送などにも対応。

IT

読み:IT  解説:情報技術のことで、コンピューターやデータ通信に関する技術の総称。

MACアドレス

読み:MACアドレス  解説:Media Access Control addressネットワーク機器に付与された識別番号。「00-1E-8C-89-B1-5A」「00:1E:8C:89:B1:5A」のように、8ビットごとにハイフンまたはコロンで区切り16進数で表記する。

PING

読み:PING  解説:Packet INternet GroperインターネットやイントラネットなどのTCP/IPネットワークを診断するプログラム。

UPnP

読み:UPnP  解説:家庭内のパソコンや周辺機器、AV機器、電話、家電製品などの機器をネットワークを通じて接続し、相互に機能を提供しあうための技術仕様。

WDS

読み:WDS  解説:無線LANルータやアクセスポイント同士が無線で通信する機能。

アクセスポイント

読み:あくせすぽいんと  解説:電話回線で、パソコン通信やプロバイダなどへダイヤルアップ接続するための電話番号、または電話番号が設定されている場所。

Ethernet

読み:いーさねっと  解説:IEEE 802.3として標準化され、LANケーブルとして一般的に使用されている、ネットワークケーブルの規格のことである。

WINS

読み:ういんず  解説:Windows NTなどでNetBIOSネットワークとTCP/IPネットワークを同時に運用しているとき、NetBIOSで使われているマシン名をTCP/IPネットワーク上でも使えるようにする機能。

ゲートウェイ

読み:げーとうぇい  解説:ネットワーク上で、媒体やプロトコルが異なるデータを相互に変換して通信を可能にする機器。

静的IPマスカレード

読み:せいてきIPマスカレード  解説:IPマスカレードの変換テーブルをあらかじめ固定で登録しておくことで、従来IPマスカレードでは不可能だったインターネット側からのアクセスを可能にするものです。

静的NAT

読み:せいてきNAT  解説:あらかじめ固定的に使用するパソコンのプライベートIPアドレスをグローバルIPアドレスと結びつける機能です。

静的ルーティング

読み:せいてきるーてぃんぐ  解説:ルーティングのための情報をあらかじめルーターに設定しておき、常に固定的なルートを選択する方法。

ドメイン

読み:どめいん  解説:インターネット上に存在するコンピュータやネットワークを識別し、階層的に管理するために登録されている名前で、重複しないように発行・管理されている。


Powered by Xwords based on Wordbook